輝きで支援する

あなたの輝きが社会を変える。

~社会貢献Brightness~

≪ Rouge Girl ≫

勇気、希望、そして可能性。

Well-being Makeでは、孤立しがちな、日本語を母語としない女性達のココロをお化粧で勇気づけ、励まし、寄り添う活動をしています。


こちらの社会貢献〜Brightness〜【Rouge Girl】は、私達の活動に共感/賛同して下さる皆様に対し、ビビットな赤い口紅をメインとしたメイクアップとカメラマンによる撮影を有料にてご提供し、そのお金を活動費に充てさせて頂くという趣旨のものです。


言うなれば、

あなたの"輝き"を"支援"に変える、あなたの間接的な社会貢献活動です。

【 Rouge Girl ・ルージュガール】

~1本の口紅で世界が変わる~


女の子が初めて母親の口紅を手に取る時の、あの好奇心

少女が初めて自分のお金で口紅を買う時の、あの心踊る喜び

女性が初めて誰かを想い口紅をまとう時の、あの幸福感

その一瞬一瞬が幸せに満ち溢れていて、神秘的で、この上なく美しい。


たった1本の口紅が魅せるあなたの新しい世界。

普段あまり挑戦することのないビビットな口紅で、あなたの輝きを支援に変え、

あなたの新しい世界を覗いてみませんか?


※Rouge:ルージュとは、フランス語で“赤”や“口紅” を意味します。

※Brightness:ブライトネスとは、輝きを意味します。

私が口紅にこだわる理由。

~カイロ国際空港のトイレで出会った少女との心の約束~


2010年

私は旅行の仕事でエジプト・カイロを訪れました。

照りつける太陽の下、一通りの観光地を廻り、現地の食事を楽しみ、

大型バスの窓からカイロの街並みを眺め、スーツケースにお土産を詰めて、あとは帰国の時を待つだけ。


空港でのボディーチェック、荷物検査を終え日本に帰れる喜びと安堵感で一杯の中、

搭乗前のトイレに向かいました。


トイレの入り口には数人の女の子達が地べたに座っていました。

エジプトではどこのトイレでもよく見かける好景で、私は取り立てて気に止める事も無く、

その少女達の前をすたすたと通りすぎ、トイレに入りました。


トイレから出て鏡の前に立ち、メイク直しをしようとしたその時、

一人の少女が立ち上がり私の方に向かって歩いてきました。

私は内心『何か盗られるかもしれない。』っと身構え、身の回りの持ち物に気を配りました。

少女は私の真横に来て、そして鏡の前の台に腰掛けて、じっと私の顔を見つめてきて、

少女は私の荷物を盗るわけでもなく、ただただ、じっと私の顔を見つめてきたのです。


一瞬、私にはそれが何を意味しているのか分からず、少女と私は数秒間見つめ合い、

私はハッとしたのです。

『これ、欲しいの?』と、ジェスチャー交じりの英語で、少女に問いかけました。

すると少女は満面の笑みで微笑んだのです。


私の手の中にあった物、

それは1本のリップスティックでした。


そう、彼女はリップスティックに興味があったのです。

リップスティックを手渡した時に溢れ出た彼女の大きな笑顔、

それはとても温かくて幸せに満ちた笑顔でした。

私の心に刻まれたあの笑顔を、

何年経った今でも私はどうしても忘れる事が出来ません。


あの時はまだ自分がメイクに携わる仕事に移るなんて考えもしていなかったけど、

メイク筆を毎日握りしめる今、私が感じる事は、


たった1本の口紅で、その人の世界を変えることが出来るということ。

唇に色をのせるだけで、どんな世代の女性も、どんな境遇の女性も必ず笑顔になり鏡を見たいと心踊らせるということ。


口紅をまとう事で出る勇気、希望、そして可能性。

口紅にはその力があると そう信じる事が出来るから

私は、口紅であなたの世界を変えたい思っています。


Well-being Make代表

尾崎のりこ

現在価格を検討中です。

開始まで今しばらくお待ち下さいませ。