ラジオでしゃべった内容です(^-^)/

先日のFMチャッピーでお話しした活動紹介文です(^-^)/
ぜひお読み下さいませ。


狭山市を拠点に活動している
国際交流団体ウェルビーイングメイク
代表の尾崎憲子です。

ウェルビーイングメイクでは、同じ地域に暮らす外国人女性と日本人女性が集まり、メイクというツールを活用しながら、お互いの交流を深める場“の提供をしています。

ーーー

★ウェルビーイングメイクはどういった活動をされていらっしゃるのですか?

狭山市を拠点に国際交流と多文化共生を目的とし、“同じ地域に暮らす外国人女性と日本人女性が集まり、お互いの交流を深める場“を提供しています。

団体名の“ウェルビーイング”とは、「健康な状態・幸せな状態」という意味で、
国籍を問わず、皆が“心健やかに、幸せに満ちた毎日を作っていく”という思いが団体名に込められています。
この春から活動をスタートしました新しい団体ですので、今日はリスナーの多くの方に興味を持って頂けました嬉しいです。

ーーー

★狭山市を拠点に活動しているとのことでしたが、具体的にはいつどこで、活動しているのですか?

基本的は、月に一回、第四火曜日 狭山市市民交センターにて約一時間半の交流時間を設けています。
詳しくはホームページやフェイスブックページで日時を確認頂けます。

ーーー

★活動内容が他にはない変わった内容だと聞きましたがどんな事をしているのですか?

一時間半のうちの前半は主に“chatting time”で、皆が思い思いの事をしゃべり、仲を深めています。
会の後半がウェルビーイングメイク独自の国際交流形式で、“makeup time”を設けております。
一般的に、国際交流の時間にmakeup をするというのは珍しい事だと思いますが、国籍や言語を超えて女性達が楽しめる空間づくりを目指しています。
また、メイクでのメンタルサポートもしていきたいと考えています。
言葉の壁により、孤独な気持になりがちな在日外国人の方々の心をメイクで元気にしたい!
一人ひとりの可能性を広げるサポートに繋げていきたい!との思いで、メイクの時間を組み込んでいます。

ーーー

★どんな方が参加出来るのですか?

国際交流に興味のある方、多文化共生の町づくりに興味のかる方であればどんな方でも参加出来ます。
一回100円の参加費を頂戴しています。

ーーー

★今後の課題や活動予定をお教え下さい。

今後の課題として、やはり一番は、外国人の方にこの活動をどう広めていくかが課題です。
市が運営する国際交流協会とタッグを組んだり、また市役所の外国人生活相談カウンターなどで活動案内をしてもらいたいなと思っています。また今後の活動展開としましては、女性だけでなく、男性や子供も一緒に参加出来るようなイベント作りを計画したり、メイクだけでなく、心身共に健やかになれるよう身体を動かすワークショップや、食を通じた交流などを組み込んでいくことも検討中です。

このサークル活動の最終的な目標・目的は、“多文化共生出来るまちづくり”です。
「文化や言語の違いをお互いが認め合い、対等な立場で、共に生きていく」という地域社会の実現を目指し、WellnessとHappinessを大切に、スタッフ一同、力を合わせ活動して参ります。

皆様のご参加をお待ちしております(*^.^*)/

0コメント

  • 1000 / 1000